産休・育休前後のふるさと納税はやった方がお得?お得なふるさと納税のやり方教えます!

今育休中なんだけどふるさと納税ってやった方がお得なのかなぁ?

来年産休に入る予定なんだけど今年ふるさと納税ってやっても損しない?

まろれーる
まろれーる

産休・育休の時ってふるさと納税するか悩むよね!私がわかりやすく解説するよ!

ふるさと納税を更にお得にする方法も教えちゃう!

目次

ふるさと納税って?

制度概要

ふるさと納税は寄附した自治体から返礼品がもらえる制度です。

ふるさと納税制度で自治体へ寄附をすると寄附金額から2,000円を引いた金額が、翌年の住民税から控除される仕組みです。

つまり2000円の手出しで返礼品をGET出来るということになります。

翌年の住民税から控除されます。今年度ではないので注意しましょう。

住民税は1月〜12月の給与額に応じて算出され翌年6月から徴収されます。

[temp id=2]

産休・育休中のふるさと納税

その年にいくら給与所得があったのかチェックする

育休中に支払われる育児休業給付金・出産一時金は所得には入りません。

所得を確認する際は会社から貰った給与、ボーナス、副業収入を確認しましょう。

ここでいう収入とは手取りではなく額面の給与になります。

税引き前の給与を確認しましょう。

ふるさと納税限度額をシミュレーションする

ふるさと納税の公式サイトへ給与を入力すると納税限度額がシミュレーション出来ます。

さとふる公式サイトで簡単シミュレーション

シミュレーションするといくらまでのふるさと納税なら2000円の負担で返礼品を貰えるのかがわかります。

返礼上限を超えた納税も出来ますが上限を超えた場合は単なる寄付扱いです。

あくまでも目安なので私はいつも算出額−5000円くらいでふるさと納税をしています。

シミュレーション額に応じて返礼品を選ぶ

ふるさと納税サイトから金額に応じて返礼品を選びましょう。

複数の返礼品を注文しても構いません。

私のオススメふるさと納税サイトは利用率No,1のさとふるです。

他にも楽天ふるさと納税ふるさとチョイスが人気です。

サイトごとに返礼品が違うので見比べて決めましょう。

産休・育休中のふるさと納税目安

ざっくりですが150万円以上給与収入があった場合はふるさと納税をすると返礼品の恩恵を受けられると思います。

年収100万円の場合

楽天ふるさと納税公式サイトより引用

年収150万円の場合

楽天ふるさと納税公式サイトより引用

年収200万円の場合

楽天ふるさと納税公式サイトより引用

1000円のふるさと納税もありますが義援金寄付が目立ちます。

5000円以上から選べる品物が増えてきます!

さとふる公式サイトより引用
利用率No,1さとふるでふるさと納税する

産休・育休中のふるさと納税の注意点

給与計算を正確にする

給与計算を間違えるとただの寄付になってしまいかねません。

本年度の給与を把握してからふるさと納税をするようにしましょう

育児休業給付金の扱い

育児休業給付金や出産一時金は給与所得に含みません。

例えば私の場合2018年11月出産、2020年6月まで育休をとっていました。

2019年の1年間は育児休業給付金での収入しかありません。

その為2019年にふるさと納税をしても控除額は0円。

全額寄付扱いになってしまいます。

2018年、2020年も育児休業給付金は貰っていますが給与収入が200万円以上あるのでふるさと納税することが出来ます。

医療費控除との兼ね合い

妊娠出産で10万円以上の医療費がかかったという方も少なくないのではないでしょうか?

その場合は医療費控除も加味してふるさと納税の金額を検討しましょう。

各種控除を加味して詳細シミュレーションをする

[temp id=2]

ふるさと納税を更にお得にする方法

元々お得なふるさと納税を更にお得にする方法があります。

ポイントサイトハピタスを経由してふるさと納税をする方法です。

納税寄付額に対して3%のポイントが付きます。

例えば2万円の寄付をしたら600円分のポイントが獲得できます。

ポイントは各種ポイント(Tポイント・ポンタ・楽天ポイント等)や現金に交換することが出来ます。

ポイントサイトの使い方は簡単!

サービス申し込みの際にポイントサイトを経由するだけ!

様々な案件があり中には10000円を超えるポイントが獲得できるものもあります。

楽天市場等、身近なサービスを取り扱っているので登録して損はないと思います。

最初は怪しいサイトだと思っていましたが初めて見るとなんでもっと早くやらなかったんだろうと後悔しかありません。

こんなにお得なのに登録料・年会費完全無料です。

登録・年会費無料のハピタスに登録する

産休・育休中こそふるさと納税すべき!?

私は産休・育休中のふるさと納税をしていませんでした。

今ではすごく後悔しています。

住民税の支払いは前年の給与から計算されて翌年の6月に徴収が開始されます。

つまり育休中も住民税の支払いから逃れることはできません。

育児休業給付金の支払いが2ヶ月に1回、給与の50〜67%の支給なのに住民税の振り込みは毎月やってきます。

2018年にふるさと納税をしていれば返礼品を貰った上で2019年の育休中の住民税の支払いも抑えることが出来ていました。

なんで去年やらなかったんだろう!!と2019年の間ずっとモヤモヤしていました。

育休をとる予定の方で本年度に200万円以上給与所得のある方はふるさと納税をやった方がいいです。

そうすれば育休中の住民税対策にもなります。

産休・育休を控えている方、今育休中の方ご自身の給与所得を確認してふるさと納税を検討してみてはいかがでしょうか?

では、また!

[temp id=2]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まろれーるのアバター まろれーる ワーママブロガー

フルタイムで働く1児のママ。株式投資歴1年のビギナー投資家。
毎日お得情報、投資のこと、仕事のこと、、、全てに奮闘中。
お得な情報・子育て情報・投資情報を中心に色々な情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる