出産をお得にする方法解説します!【誰でもできる!】

出産すると貰えるお金の中でけんぽからもらえるお金で”出産一時金”というものがあります。

当時なにも考えず産院に勧められるがまま直接払い制度を選びましたがその後後悔しました。なぜ後悔したのかまとめていきます。この方法を使えば誰でも少しお得に出産が出来ます。

目次

出産一時金直接払い制度とは

出産育児一時金→被保険者または被扶養者が出産した時に申請すると1児につき42万円が支給される制度

(産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産した場合は40.4万円) 

直接払い制度→けんぽから医療機関に直接出産一時金を支払ってくれる制度。出産費用の手出しが少なくなるのでほとんどの方がこの方法を使うそうです。

入院する前に産院に提出する書類の中に出産一時金の直接払い制度を利用するかどうかの書類がありました。

なんだかわからなかったので聞いてみると『皆さん直接払い制度を選択されますよー』と言われたので、右に倣えで直接払い制度を利用しました。

直接払い制度を利用しない友人に違和感

医療機関への直接払い制度を利用希望しない場合は自分でけんぽに申請して後日42万円を受け取ることができます。

しかし病院での清算は高額になるし、申請する手間も増えるということです。

しかし、同時期に出産した同僚が『一時金を後払いにしたから貯金がだいぶ減っちゃった』と話していて不思議に思いました。

なんで手間になることをいちいち選んだんだろう…?

出産を少しお得にする方法とは?

子どもを産んで半年くらい経ったころ、世の中がキャッシュレスの流れになってきました。私自身もクレジットカードを使う頻度が増えてきてポイントをためることを意識し始めました。

そこでふと気づきました。

直接払い制度を利用せずクレジットカードで全額払っていればポイントがついたんです。

同僚はおそらくこれに気づいていてそうしたんだと思います。

42万円=1%であれば4200ポイントです。悔しい…

[temp id=2]

直接払い制度のメリット

直接払い制度のメリットは手出しが少なくて済むことです。

もしこのメリットが自分にとって不要であれば(一時的な手出しが許容できるのであれば)直接払いは使用せずに後から給付金を受け取るのがいいと思います。

これから出産される方の参考になれば!

では、また!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まろれーるのアバター まろれーる ワーママブロガー

フルタイムで働く1児のママ。株式投資歴1年のビギナー投資家。
毎日お得情報、投資のこと、仕事のこと、、、全てに奮闘中。
お得な情報・子育て情報・投資情報を中心に色々な情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる