日本通信新プラン発表!ドコモahamo、UQ、ワイモバイル、楽天モバイルとどっちが良い?【徹底比較】

2020年12月3日に発表されたドコモの新料金プランahamo。

格安SIM潰し!?とも思える料金プランに驚愕しました。

翌日の12月4日に日本通信からドコモ対抗として新料金プランが発表されました。

公式サイトにドコモ対抗!と銘打っています。

Aくん

公式に他社対抗!と言っているの初めて見た!これは興味あるね。

日本通信公式サイトより引用:https://www.nihontsushin.com/index.html

今回は日本通信の新プランとahamo、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイルの比較をしていきます。

今後の格安SIM(格安プラン)の検討のお役に立てると嬉しいです。

目次

日本通信の口コミ

良い口コミ

  • ドコモ回線だから他の格安SIMより速度が安定してる
  • 通話品質が大手と変わらないレベルで良い
  • カケホーダイプランが安い(3GB +かけ放題 2480円)

悪い口コミ

  • 通信速度が遅い

ほとんどが通信速度が良いという口コミでしたが、

通信速度が遅いという口コミも少しだけあったので使う場所によって多少差があるのかもしれません。

日本通信自体がマイナーな格安SIMなので口コミ件数がそこまで多くありませんでした。

私も初めて知ったのですがかけ放題+3GBで2480円というプランがありました。

格安SIMでかけ放題プランがあるところは少なく、あっても割高なので良心的だと思います。

[temp id=2]

日本通信新プランの詳細

日本通信の回線

日本通信はドコモ回線の格安SIMです。

ドコモ端末を使っている場合はSIMロック解除なしで乗り換えることが出来ます。

au、ソフトバンク回線の方はSIMロック解除が必要になります。

プラン詳細

12月10日〜提供開始になります。

すぐに乗り換えることができます。

来年の3月までahamoは提供開始されないのでその前にユーザーを囲い込む作戦のようです。

更にahamoの提供開始からは通信量が20GBに増量されるそうです。

ahamo対抗!と謳っているだけあってかなりahamoを意識しているプランになっています。

他社との比較

公式サイトで確認できなかった部分は?にしています。

価格面で他社を圧倒しています。

1,980円で20GBはずば抜けていますね!

更に格安SIM会社では必須となっている通話アプリは不要で電話が使えます。

今楽天モバイルなので通話アプリを使っていますがかけ直す時、

ネットでお店の電話番号を調べてかけるときは番号をコピペしてアプリに貼ってかけているのでとてもめんどくさいです。

[temp id=2]

日本通信新プランのデメリット

一覧にすると圧倒的コストパフォーマンスに見えますがデメリットもあります。

通信速度がわからない

口コミでは通信速度は満足しているというものが多数派でした。

ただ口コミ件数が16件だったのでデータとしては少ないという印象でした。

中には遅い!!と書いている方もいました。

格安SIM会社としてはマイナーな方なので通信速度に関しての口コミが信用できるかは?です。

格安SIM会社なのでお昼の時間帯等混雑しているときは遅くなると思いますが、

それ以外の時間帯でどの程度の通信速度が出るのかは口コミが増えるのを待つしかありません。

データ容量超過後速度に言及されていない

他社はデータ容量超過後1Mbpsの速度で通信できますが、

日本通信ではデータ容量超過後の速度に言及していません。

色々調べたところ恐らく200kbpsほどではないか?という意見が多かったです。

200kbpsだとほとんどなにも出来ないのでこれが本当だとするとかなり痛いです。

高速通信・低速通信のON/OFFがない

楽天モバイルだと高速・低速のON/OFFが出来るので通信データ容量を制御しながら使うことが出来ます。

私自身楽天モバイルMVNOですが毎月2GBの契約で余裕で足りています。

日本通信だとON/OFFが出来ないのでデータ容量を超えた場合超低速orデータ課金になります。

Aくん

デメリットも理解して自分に合っているか考えるのが大切だね。

日本通信がオススメな人

すぐにお得なプランに変えたい人

楽天モバイルの無料キャンペーンは気になるけど楽天エリアじゃないしなぁ、圏外も多いのかぁ…

と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな人にもオススメです!

既存の格安SIMの中でもダントツにお得なプランになっています。

12/10~発売なのでahamoの発売を待てない!という場合はアリだと思います。

5分以上の電話をする人

ahamoプランでは5分以上の通話は有料です。

日本通信の新プランでは70分/月まで無料なので5分以上の通話を何回かするけど70分は超えないかな?という人にオススメです。

月TOTAL70分超えたとしても超過分の通話量はahamoの半額になっています。

よく電話をするけど通信量はそんなに使わないという方は”合理的かけほプラン”がオススメです。

通話し放題(アプリ不要)+3GBで2480円です。

安く20GB使いたい人

ahamoと同じGB数で料金は1000円安い料金プランになっています。

楽天モバイルを除けば一番安く20GB使えるのが日本通信のプランです。

(2020年12月6日時点)

通信品質がahamoと比べて同等かどうかはまだ不明ですが、他の格安SIMと比べて遜色なければ検討する価値はあると思います。

携帯料金の競争から目が離せない!

これまではずっと楽天モバイルだけが価格競争がんばっているなーという印象でしたが、

ahamoの発表から急に価格競争が激化してきました。

来年の3月までに各社新プランを発表することが予想されます。

固定費削減のために今後も新プランの発表には注目していきたいですね!

では、また!

[temp id=2]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まろれーるのアバター まろれーる ワーママブロガー

フルタイムで働く1児のママ。株式投資歴1年のビギナー投資家。
毎日お得情報、投資のこと、仕事のこと、、、全てに奮闘中。
お得な情報・子育て情報・投資情報を中心に色々な情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる